金融機関以外の資金調達の手法とは?

#融資以外の資金調達

このコンテンツは会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

その他のお役立ち情報

#銀行取引

銀行に融資を断られた時に、しておくべきこと

銀行に融資を断られた時に、しておくべきことって何でしょうか?黙って別の金融機関に行くことでしょうか?実は違います。なぜなら断られた理由がわからなければ改善できないのでまず「断られた理由」を確認することが重要なのです。 一般的によく言われている理由が、「総合的に勘案して、今回の融資は見送らせていただきます」というもの。この理由だけを聞いて、そのまま引き下がっていては、その後の資金調達に支障をきたし...

#融資以外の資金調達

「データレンディング」と「契約者貸付制度」とは?

金融機関に融資を断られた場合にも、資金調達の手法として「データレンディング」と「契約者貸付制度」があります。これらの資金調達手段は、基本的に「融資」です。融資ではなく、売掛金を使った「ファクタリング」という資金調達方法についてご案内します。 資金調達を考えた場合、急ぎなのか、時間をかけることができるのかによって、資金調達方法は変わってきます。時間をかけられるのであれば、金融機関からの融資を利用し...

補助金、助成金、融資を活用し
会社の成長に繋げる。

                       

以下のサービスが利用可能となります。
●おすすめの補助金・助成金
●注目の融資制度
● 補助金申請書サンプル及びチェックシート
●資金繰りセミナー動画
●資金繰り改善マニュアル
●専門家とのマッチング
●補助金・融資お役立ち情報
●補助金申請・融資のご相談

ご利用のブラウザでは正しく動作しません。
Google Chromeなどの最新のブラウザをダウンロードし当サイトをご利用ください。